2019年5月29日水曜日

ランプの宿

先週末、新潟県の「駒の湯山荘」という温泉宿に行ってきた。
同宿は大湯温泉郷を超えてさらに山奥にある
wifiや携帯電話はおろか、水道も無く、
電気も自家発電での最低限供給という秘湯の宿。
温泉の噴出量はすさまじく、毎分2000リットル。
噴水のように湧き出ています。
水道もこの温泉を利用し、食事もこの温泉水で作られる。
自家発電ゆえに電灯は最低限。
その代わりというのでもないが、
夜は各所にオイルランプを灯して明かりにする。
そこから通称「ランプの宿」と呼ばれる。
毎年5月、妻の誕生月にあわせて
この宿に訪問する。
今年はライブや妻の展示などもあり、先週末に行ってきた次第。
大自然に囲まれる環境。
目の前は初夏の緑。
仰ぎ見ればまだ雪の残る岩山が見え、
渓流と温泉の吹き出る水流の音を通低音にするように、
鳥、カエルの声が響く。
息をのむ。
言葉にできない美しさだ。
誰しもそうかと思いますが、私は自然が大好き。
だが、その中に飛び込んで暮らすというのは
都会に馴染みすぎた自分にはあまりにハードルが高い。
残念ながら踏み出せない。
だからこそ、こうしてたまに自然に包まれると
そんな憧憬をつよく意識する。
確か鈴木大拙さんの本だったと思うが、
もともと自然と言う言葉は今と違う意味の言葉だったそうな。
NATUREという言葉を訳すにあたって、仏教語の自然を充てたのが
いまの「自然」の始まりだという。
自然と言う言葉の元の意味は
文字通り「自ずから然る。」
そんな言葉をNATUREに充てるとはすごい詩的感覚だ。
「自ずから然る」ことができないからこそ、
自然に憧れてしまうのかもしれない。
 ---------------------------
さて、ぼちぼち6月。
ライブ告知です。
まず、ABNORMALS

6月8日 渋谷RUBY ROOM
自身加入後初のワンマンライブです。
(といっても強烈なゲストライブがありますが。)
演奏時間も初の領域。
体力、集中力はもつのだろうか・・・
当日までに高めて行きます。
NILOMETERは2本
6月7日(金)  阿佐ヶ谷 天
w/空間猫,Gumi
6月13日(木) 東高円寺2万電圧
w/ashigaru,バルコニア,W/N
よろしくお願いします!

0 件のコメント:

コメントを投稿