2021年1月11日月曜日

正月雑記

 

正月を開け、また緊急事態宣言が発令となった。

 

事態を配慮し、決定していた2月6日の下記イベントは延期となりました。




残念ですが、仕方ない。

企画者のユリアキ君もさぞかし無念かと思う。

お互い腐らずに続けていくしかないね。

 

コロナが風邪の一種であれ何であれ、

罹患した際に治療、療養が必要であり、

二次感染の可能性も高い以上、

病床の確保は絶対に必要であろう。

 

病床が不足してる中、今以上に感染を広げるべきではなく、

自分なりにその努力、意識はしていかなくてはならない。

 

過度の自粛だとして問題意識を持つ人もいるとは思いますが、

まずは、上記の問題に落ち着きを取り戻してから議論すべきであり、

強いて問題視するなら、

上記懸念を放置してきた政治に対して向けるべきではないかと思う。

 

 

さて、そういう状態でしたので、

今年の正月は実家に行くでもなく、

自宅で過ごしました。

 

若いころは正月と言えば、夜更かししてテレビを見て、酒を飲み、

自身と妻の実家に挨拶に行き、初詣。

そんな過ごし方でしたが、

今はテレビも持ってないし、酒もあまり飲まない。

その上実家にもいかないとなると、ほぼ通常の休日と同じ状態でした。

 

「居心地の悪い椅子」というエッセイ集で

福田恒存が正月の楽しみは「してもらうことにある」と表現していました。

曰く、正月はごちそうなど準備してもらって

受け手として楽しむものであるとのことだ。

 

毎年の実家へのあいさつを若干なりとも面倒に思うこともあったが、

それがなくなって、いっきに正月感が失われてしまった気がする。

実家で「子供」に戻るというのは

大人になってからは少なくなった「してもらう」機会であり、

正月感に寄与していたのかもしれない。

 


慣習、さらには宗教的にいっても、

正月は心を切り替える、入れ替える場面なのかと思うが、

あまりその実感を持てないまま、気が付くと11日になってしまった。

 

だが、案外これでいいのかもしれない。

正月と言っても普通の日々と同じ一日。

逆に言えば、普段の一日も大事な一日であり、

記念すべき一日であり得る。

いつだって「今日から頑張るぞ!」でいいのではないかと思う。

 

そんなわけで今日も充実した一日にすべく過ごします。

曲でも作ろうかな。

 

 

2021年1月2日土曜日

あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

昨年初、抱負というか、

標語みたいなものを考えました。

それは「ゆずる、笑う、動く」というものでして、

何とも年寄り臭くもありますが、

昨年中、この言葉を都度思い出しながら過ごしてまいりました。

 

今年もそんな標語のようなものを考えてみました。

それは「しょいこまない」という言葉です。

 

私は自分で作ったルールに囚われてしまう癖がある。

例えば読みにくい本を読んでいるとき、

「つまらない」といってやめることができない。

手に取ったのだから読破しなければいけないという変なルール意識によって、

やめりゃいいのに最後まで読み続ける。

どんなに面白くなかったり、意味がわからなくても。

 

結果、「読む」というのではなく「文字を追う」という行為に変わっていく。

それはそれで無意味とは思わないが、

有意義な時間とも言い難い。


この例に限らず、

勝手に自分をしばって、変なものを勝手にしょいこむ癖を無くしたい。

軽く、緩い気持ちで過ごしていきたいための、

「しょいこまない」という言葉だ。

 

 

我が家の周りに、数匹の野良猫が住んでいる。 

彼らは当たり前のように我が家の庭をうろうろしたり、

日当たりがいいところを見つけて昼寝したりする。

実にのどかで自由だ。

 

もちろんその生活はのどかなものばかりではないだろう。

食、住の不安定な野良生活であり、言うならば死と隣り合わせだ。

だが彼らは気にしない。

のんびりと思うままに生きている。

そこにはしょいこんだ自分ルールは無く、

そもそもルール=自分という状態だ。

 

野良猫のように生きれるものでもないが、

何か感化されてきた。

そして「しょいこまない」と思い至った次第。

 

 

波乱の2020年を終え、

今年はどんな年になるのでしょう。

まぁ、どんなことになるとしても、

無常を受け入れながら、

変に意固地にならず、身軽に楽しんで生きていきたいものです。

 

 

 

2020年12月28日月曜日

あとわずか

 

今年も残すところあとわずか。

 

いまさら言うまでもありませんが

今年は本当に大きく世界が変わった。

自分だけの話ではなく、世界中が直面した変化。

こんなことは生まれて初めてだ。

 

そんな中、個人的には過去に無いくらい、

楽器の練習に時間を使った一年でした。

 

以前の記事にも書かせていただきました通り、

沈潜の年と決め、じっくりと演奏を磨いてきた次第。

 

昨日も今年最後の練習として、

近所の施設の音楽室を借りてじっくり練習。

この施設、民間の研修施設といった感じで、

防音室を音楽室として貸してくれる。

130017304時間半借りて、まさかの440円。

最近は毎週末ここで練習している。

 

今年最後ということで、動画など録ってみました。

少しは上達しているのかな・・・

 


 

来年はどんな世の中になっていくのだろうか。


ステイホームの傾向は続いていくことだろう。

厳密には終わりというものは無く、

ウィルスと共存しながら生きていくしかない。

 

コロナへの対応にはいろんな考え方がある。

感染率が高く、感染すれば死に至る可能性も低くないという人もいれば、

風邪の一種であり、普段通りの生活で問題無いという人もいる。


正直、どうすればいいのかわからない。

というか、正解などないのだと思う。

 

ただ、間違いだと思えるのは、

自分の姿勢を他人に押し付けることだ。

それぞれの考えを尊重し、その中の自分の在り方を決めていく。

きっと今までよりもしっかりと自分に向き合った生き方が

求められているのかと思う。

 

そしてもう一つ間違いだと思うのは、

暗くなりすぎることだ。

コロナだけでなく、それに伴う経済、政治、環境の不安定、

もしくは上述のような意見の相違で疲れることもある。

どうしても暗くなりがちだ。

 

だが、そんな世の中を楽しみながら生きていきたいものだ。

免疫という面からも笑顔で生きている方がいいはずだ。

 

そんなわけで来年も笑いながら

相変わらず自分の音楽を模索しながら生きていきます。

 

皆様も笑顔でよいお年をお迎えください。



 

2020年12月16日水曜日

フレットレス改造

 

夏ころ、勢いで手持ちのベースを1本フレットレスに改造した。

私は2本しかベースを持っていません。

そのうちの1本を改造したのだから、

我ながらなかなかの勢いだ。

 

ニッパーでフレットを引っこ抜き、

隙間をパテで埋め、指板を削って平面にする。

フレットレス化は若いころにもやったことがあったので、

素人改造ながら、何とか弾けるレベルには仕上がった。



 

フレットレス化の目的は12音階からの離脱実験、自由化でした。

今の私のスタイルはソロ演奏なので、

離脱したところで協奏のルールを乱すものでもない。

そこでいっそフレットを抜いてしまった次第。


フレットレスであれば12音階以外の音を選ぶことができる。

例えば5度コードを弾くときに

ルート+「5度よりちょっと下」の音を重ねることで、

聴いたことの無い不安定なコードが鳴るのではないかと期待した。

 

だが、残念ながら、狙い通りにはいかない。

それはぼやけた5度コードでしかなく、

単純に美しくない響き。

それはそれで面白くもあるが

これを生かす方法が思いつかない。


コードに限らず、スケール、アルペジオすべてにおいて同じ感じで、

「離脱遊び」をしてみても、解像度の低い音階にしか聞こえず、

結局、12音階に乗るように弾くことになる。

※ただ、メロディーを弾く際にはその限りではなく、

不思議なメロディーが得られそうな気がするのだが、

曲としてまとめるにはメロディーだけでは構築が難しい。

 

これは多分に自分の実力不足があるんだろうとも思う。

フレットが無いことで12音階を超えた世界を描くという術は

きっと存在するはずだと信じているが

まだ私にはできない。

 

 

そんな折、現代思想誌の鈴木大拙特集を読んでいて

「ひじ、外に曲がらず」という言葉に出会った。

 

禅思想を西洋に伝えた鈴木大拙はこの言葉によって

新たな境地に達したという。

 

ひじは外には曲がらない。

これは制限や不自由ではなく、必然であり、

その中にも十分に自由がある。

必ずしも「自由度=自由」ではない。

捉え方次第で「制限=自由」でもありえる。


上述のフレットレスでの自由度模索経緯と

この言葉を重ねるには大仰な気もするが、

フレッテッドだからって自由が得られないわけではない。

こっちの道もまだまだ遠くて深い。


フレットレスは今後も研究を続けます。

いつか自分なりのフレットレスの在り方が見つかるのを期待して。

もう抜いちゃったし・・・

ただ、改めてフレッテッドの可能性を考えるいい機会にもなりました。


 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて告知です。


 

 国分寺モルガーナのブッキングスタッフとしても活躍中の

仕掛け人ユリアキ君の企画です。

まだ大出を振ってライブにお誘いしにくい状況ではありますが、

NILOMETER、来年一発目にして久々のライブハウス出演。


ご検討、よろしくお願いします。


 

 

 

2020年12月14日月曜日

ジョロウグモ

 

私の住んでいる辺りでは、

911月になると、ジョロウグモの巣がいっきに増えてくる。

 

近所を歩きながら上を見上げると、

電柱や木など、幾何学模様の巣がたくさん見当たる。

 

当然、我が家にも巣が張られた。

軒先に特大の巣。真ん中にド派手な色彩の巨体。


最初はぎょっとしたものでしたが、

だんだん慣れてくるものだ。

家を出るたびに何の気なく確認しているうちに

親しみがわいてくる。

 

せっせと巣を張りなおしたり、

巣にくっついた小虫を回収する様等見ていると、

ついついぼーっと眺めてしまったりする。

ちょっとした憩いとでもいう感じだ。

 

そのうち、名前まで付けだして、観察することになる。

その名はデーハー。

派手な柄から、妻との雑談の中で決定。

何ともくだらないが、まぁそんなもんだろう。

 

 

12月に入り、徐々に寒さが厳しくなる。

気が付いたら、近所の巣は大半が無くなっている。

調べてみたところ、ジョロウグモは越冬できないらしく、

冬とともに自然と土に還っていくそうだ。

 

デーハーも明らかに動きが悪くなっていく。

以前は息をかけると、大慌てで巣の端に移動したりしたものだが、

少し、足先を動かす程度になった。

 

だが、相変わらず巣の真ん中でいつもの姿勢でとどまっている。

美しい巣にド派手な巨体。

おぞましくもありながら、凛としていて、

なんだか尊い。

 

寒さは厳しさを増し、風は冷たく、

餌となる羽虫もほとんどいない。

だが、いつもの姿勢。

デーハーは足掻かない。

 

ふと、種田山頭火の自由律俳句を思い出す。

「蜘蛛は網張る私は私を肯定する」

 

この句を詠んだときの山頭火の心境はわからないが、

泰然としたデーハーの姿に照らした時、残念ながら、

私は自分を肯定する境地には至れない。

全然届かない。

 

寒さが増してきて、気が付くと巣が空っぽになっていた。

気になって探すと、縁側の下にじっとしているデーハーを見つけた。

 

数日後、繭のように糸玉を作り、中に卵を産んだ。

守るかのように卵の横でじっとしている。

そして、今朝、固くなって動かなくなった。

 

デーハー、お疲れ様でした。

来年、貴方の子供たちに会うことだろう。

楽しみだ。

あんまり家の中には入ってきてほしくないが。

 

 

今日は冬晴れの快晴。

彼女の最後の網はまだ軒にかかったままだ。

なんとなく、このまま年末まで残しておこうかと思う。

 

 

 

 

2020年12月4日金曜日

合気道

 

最近、合気道を習い始めた。

 

以前から、興味をもっていたものの、

なかなか踏み出せずにいたのですが、

45歳にしてとうとう挑戦してみた。

 

また、武道という今までの自分に無い体の動かし方、使い方を会得できれば、

音楽にも今までにないものが導入できるようにも期待して。

 

新しいことを始めるとなると、少し不安もあり、

まずは見学に参加し、雰囲気をうかがわせていただく。


見学の流れで軽い技をかけていただくことに。 

合気道の動画はいろいろ見たことがありましたが、

実際に受けるのは初めて。

 

相手の胸倉をつかむ。その手を軽く握られると、

簡単に腰が崩されてしまう。

胸倉をつかんだ手を離せば脱出できそうなものなのですが、

なぜか手が離せない。

 

動画などで近似の技を見ていた時は

「手を離せばいいじゃん」くらいに思っていましたが、

いざ実際に受けると、全く手が離れない。

自分の手なのに思う通りに動かないのだ。

そんな不思議を目の当たりにして、入門を決意した次第。

 


まだまだ入門したてで何にもできないのですが、

先生のお話しを聞いているだけでもいろいろと参考になったり、

思い当たることがあったりして興味深い。

 

例えば、相手に手首をつかまれ、それをほどく際、

筋力でほどこうとしても限界がある。

だが、手を動かす方向に「気」を入れると、

簡単にほどくことができる。

 

「気」というと抵抗がある人もいるかもしれませんが、

「意思」と言い換えてもいいのかもしれません。

 

握られた手の向いている方向に向かって、

その先にある何かを取ろうとするように、意思を込めて伸ばすと、

筋量からは想像できないほどの力が出る。

先生曰く、腕の力ではなく、全身の力が乗るのだそうだ。

 

 

気を込めることによって効果が生まれる。

この現象で思い当たることがある。

 

ele-phantをやっていたころ、

歌についてコミさんからいろいろと教えてもらう中で、

目先のマイクに向かって歌うのではなく、

遠くに声を飛ばすように意識して歌うといい、というアドバイスをもらった。

 

上述の「気」の効果と少し近いのかもしれない。

「歌う」という行為だけでいうと、大差ないようにも思えてしまうが、

意思を乗せることで「いい歌」になるということなのかも。

だからコミさんの歌は届きやすいのだろう。

上述の合気道の話同様、より強い力のようなものがこもるのかと思う。

 

これは歌や合気道にかぎった話ではない。

どんな楽器、もしくはどんな行為であっても同じことなのだろう。

何か伝えたいことがあるなら「意思」「気」を込める。

当たり前のようだけど、簡単じゃない。


不安とともにスタートした45の手習い。

さっそく、新たな気づきに出合うことができた。

体はしんどいですが、

踏み出してみて良かった。











2020年10月21日水曜日

我流弁証法

 

弁証法という思考法がある。

 

矛盾する二つの命題を一段高い次元から、

矛盾のない形にとらえなおすことを言う。

この捉えなおしを昇華、アウフヘーベン、アセンションなどと呼びます。

 

WEBでわかりやすい例えを見つけたので、

引用させていただく。

 

Aさんはあるものを四角だといい、

Bさんはそれを丸だという。

これを弁証法で昇華すると、

二人の見ているものは円柱ということになる。

 

円柱は見る方向によって丸にも四角にもなる。

Aさん、Bさんが2次元的にとらえてるものを、

3次元的にとらえることで円柱という解を得るのだ。

 

最初に弁証法を知ったとき、

なんて素敵な思考法だろうと思った。

人生で矛盾を抱えることはよくあるが、それに解を見出せるなら、

世の中をもっとシンプルに捉えることができるんじゃないか。

そんな風に思ったのだ。

 

だが、「一つ上の次元から」なんて簡単なことじゃない。

円柱は円柱を知っている人にこそ見えることであり、

矛盾を抱えているAさん、Bさんには見えないことなのだ。

つまり、矛盾を抱えている当人には答えが得られない。

うーむ。それじゃ救いがない。

 

 

だが、最近少し考えが変わってきた。

矛盾を抱える当人も時間、経験を経ることで、

「一つ上の次元」なんていうSFみたいな行為がなくとも

気づかぬうちに昇華が得られるのではなかろうか。

 

 

自分に当てはめて例示します。

「音楽はエンターテイメントであり、芸術でもある。」

こんな命題に数年来悩んでいた。

自分の音楽はどちらでもありながらどちらにもなれず・・・

どちらでありたいのか、両立できるものなのか・・・

そんな行ったり来たりの気持ちの中で苦悩したのだ。

 

だが、最近ふと解決した。

私の到達した答えは

「そんなこと、どうでもいい」 だ。

 

この答えを昇華と呼ぶのはさすがに乱暴で抵抗があるが、

今の心境はまるっきりそんな感じなのだ。

「どうでもいい」以外に答えは無く、

それで十分だと今の自分は納得している。

 

これは時間、経験によって変わっていった心境なのだと思う。

といっても、常に考えて、努力して、修行して・・・とかいうのではなく、

自分なりに音楽を続けて、生活を続けてきた中でふと気づいたことなのだ。

弁証法っぽく言うなら、心境が別の次元に至ったとか言えるのかもしれない。

(すごく大仰な表現になっちゃって恐縮ですが・・・)

 

ちゃんと生きていれば、いずれ昇華が訪れる。

 


ちなみに上記の悩みを音楽関係の先輩に聞いたらおそらくこんなことを言われるだろう

「おめえ、下らねえことをうじうじ考えてんじゃねえよ。」

(口調はベ〇ボーンズのG氏をイメージ)

 

いや、まったくその通りなのだ。

そんなことは脇に置いて、ちゃんと生きて、続けていればいいのだ。

 

 

先日、夜中にふと気づいた話でした。

あーすっきりした。