2021年4月7日水曜日

感じとる

 何とか大学卒業のメドが立ち、

遅まきの就職活動に向けてグズグズと動き出してた21のころ、

どうしても音楽を続けたかった私は父に相談した。

就職せずに、フリーターをしながら2年間音楽に打ち込みたいと。

 

今思えば、就職をしても十分に音楽はできるし、

むしろその方が見えてくる真理、成長もあると思う。

だがそのころはそうは考えられず、

「音楽に生きる」と一途に考え

サラリーマンと両立できるようなものではないと思っていた。

 

そんな私に父は言いました。

「お前が生活を賭けたいというロックとは何だ。まずはそれを教えてくれ」

 

論理派の父らしい答えだと思う。

当時は話題がすり替えられる感じがしてむかついたものだが、

いまでは父の言いたいこともわかる気がする。

賭けようとするものの本質が捉えられていなければうまく行かない、

そんなことを伝えたかったのだろう。

私はその質問に答えることはできなかった。

 

この時の質問は今でも思いだす。

そして明確な答えは今もない。

 

 

形而上的な言葉、

例えば「幸せ」「生きる」「死」「道徳」「愛」などは

明確な説明は不可能だ。

 

「幸せ」とは何かと問えば

健康、家族、愛、信仰、お金などなど

人によって答えが違い、そのどれもが正解であり、

他人からすれば不正解でもあったりする。

「ロック」も同じだと思う。

明確に横比較、定義できる言葉は無い。

 

それでもあえて答えるなら「体験するしかない」ということになるかと思う。

 

すべての形而上的な言葉はこれに尽きると思う。

あくまでも感じることでその言葉の意味を知る(感じる)

そして自分なりの概念を持つことになる。

それは言葉にできないとしても、本人には確実につかみ取れている。

 

言葉は不思議だ。

それぞれの心の中にあり、別の尺度に置き換えたり、

指し示すことが不可能なそういった言葉を

世界共通の言葉として運用しているのだ。

 

私がロックというとき、他人はその人なりのロックを想定し、

その想定したもののことを私が語っているのだと認識する。

それが同一なのか乖離しているのかはわからない。

だが会話は続き、その中でお互いのロック像を探る。

その末に会話は成立するが、そんな不安定な言葉を

共通言語として、普通に世界中で使う。

 

 

ウィトゲンシュタインは「論考」を

「語りえぬことについては、沈黙しなければならない」として〆ているが、

こうも言えるように思う。

「語りえぬことについては、感じ取らねばならない」

 

父はすでに故人となり、会話することはできないが、

いまなら父の質問に以上のように答えたかもしれない。

でも、きっと納得はしなかっただろうな。

 

 

 

2021年3月28日日曜日

即興演奏について その2

 

前回記事で

即興は演奏と身体表現が同時に無意識的に行われる、

総合的な表現であると書いた。

 

「過度な表現」とか「受け狙い」という場合についても触れましたが、

身体表現というのはそういった大味なものに限らない。

演奏している姿を見せること自体が身体表現であり、

棒立ちで演奏していようが、のたうち回って演奏していようが

両方とも「身体表現」だ。

 

自身にとって無理のない身体表現、

それがある種「演劇」の範疇に近づくほど激しい人が

即興演奏を行うならば、その時には激しく全身を使っての表現となるだろう。

逆に言うとそこまで到達できない状態で、

それっぽいことを狙っても芝居じみた即興演奏にしかならない。

 

自分には激しい身体表現は身についていない。

というかあまりそういうことを目指さずにここまで来た。

残念ながら、求めるような身体表現はできない。

だから納得のいく即興演奏ができないのかというと、

そういうわけでもない。

 

必ずしも激しい身体表現が必須なわけでもないからだ。

上述の通り、棒立ちでも即興と呼べるものはできるはずだ。

実際、座ったままですごい即興を行う人もいる。

 

結局自分にできないのは、身体表現ではなく、

単純に無意識になることなのだろう。

だが、同時に「動き」が無い(少ない)中では無意識になりにくいのも事実。

ただでさえ無意識になれない中、「動き」を援用することもできない。

結果、納得のいく即興演奏に達しない。

うーむ。苦しい。

 

 

いろいろと思い悩む中で

別の形での即興可能性を考えるようになった。

 

即興演奏には「偶然」を利用するという手法がある。

演奏に偶然要素を盛り込み、即興にならざるを得ない状況を作るのだ。

 

ソロではなくバンドで即興をやるならば、

この「偶然」はメンバーによってもたらされる。


自分の想定していない音、リズムが

自分以外の「偶然」として聞こえてくるからだ。

実際、私も過去の在籍バンドでは

たいてい即興ジャムをスタジオでやったりしていた。

ジャムセッションは時に思いもよらない演奏を生む。

即興が作曲の第一歩だといわれたりするのもうなずける。

 

だが、ソロだと他人には頼れない。

そこで、別の形で自分の意思以外の物を盛り込む必要がある。

 

例えばプリペアードピアノ。

ピアノの中にいろいろな異物をおくことで

演者が弾いた鍵盤が本来と違う音になるよう操作する。

演者は思うように鳴らないピアノを弾くことで、

偶然に巻き込まれ、その中で無意識的なフレーズを作ることになる。

 

自分で予想のつかない音が出るエフェクターや機器を用い、

自身の即興演奏に刺激を与え、そこから更なる即興を広げるとかも

同じような手法かと思う。

ノイズアーティストの方々が採っている即興手法は

こういう部分もあるのかもしれない。

 

ここから発展させて、自分でもやれそうな即興手法にたどり着いた。(気がする)

それは「ズレ」「モアレ」を利用する手法だ。

 

私のソロ演奏ではディレイ、ルーパーを用いてフレーズを反復させ、

それをバックトラックとして音を重ねていくことを基軸にしているが、

この反復タイミングを少しだけずらすと、

ズレは徐々に大きくなり、モアレを生む。

そしてリズム、ハーモニーの崩れた、予期せぬ状況に至る。

その中で演奏することで、無意識とはいかないまでも、

自分の意思通りのフレージングができない状態に追い込む。

そんな手法を考えた。

いうなれば初期スティーブライヒ音楽の中で即興ソロを弾くような感じだ。

 

最近、この手法での稽古を続けている。

自分で評価することは難しいが、

少なくとも意思をはぐらかされながらの演奏にはなっている。(気がする)

 

さらに研究を続けて、いつか納得できた時には

ライブでもお披露目できれば、と思っています。

いつになるやら、ですが。

 

 

とはいえ、これは「手法」に頼った即興演奏。

求める境地は何もないところから始め、

何にもとらわれない演奏を行うことだ。

そして、そういう即興演奏をこそ聴きたいし、見たい。

 

それはひょっとすると禅問答のようなものかもしれない。

会話がなされていながらも論理では中身が捉えられない禅問答。


同様に、演奏はなされているが、

理論では内容把握できないものこそが「即興演奏」なのではないだろうか。


そこまで行くと、音を聴いているのではなく、

その「人」を聴いているのだろう。

それこそが理想形のように思う。




2021年3月24日水曜日

即興演奏について その1

 

1年前、即興演奏に挑戦し、

自分の中で納得が得られなかったという記事を書いた。

その後、1年間、折あるごとに考えたり、試したりしてきた。

 

今回(と次回)の記事は、自分の考える即興とは何か、

また、それがなぜ自分にできないのか、

迷いの末にたどり着いた

自分なりの即興手法について書かせていただきます。

 

そもそも即興演奏とは何を指すのか。

いろんな考え方があるだろうが、

自分の考える最重要項目は「無意識での演奏」だ。

 

といっても完全に無意識なんてありえない。

あくまでも無意識的にフレージングがなされるという状態と考えている。

意識してフレーズを作っていくのではなく、

知覚は保ちつつ、周囲の状況などをとらえながら、

(ほぼ)無意識にフレーズを作っていく。

そんな状態が私の考える理想的な即興演奏だ。

以前、純粋経験について書いたが、

それに近いかと思う。

 

即興音楽というと、よくイメージされるのが、

激しい動き、身体表現の同居かと思う。

動きを伴うことで表現の幅が広がるし、

演者の意識も分散されるので、演奏の無意識化にも効果があるのかもしれない。

 

それが違和感なく音に混ざり合ったライブにであったりすると、

自分が何を見ているのか、わからなくなる。

本当にすごい即興演奏に出合うと、

なんというか神々しさを感じることもある。

 

だが、それが演出過多になっていたりすると全く別物になる。

なかでも顔芸、コミカルな動きなどの演出過多は一番嫌い。

中には受け狙いが主軸になっているようなのもいる。

それらは苦手どころかうんざりする。くだらない。

 

「ぶっ飛んだ感じ」「行っちゃった感じ」への演出が本筋になっているなら、

それはもう「音楽」ではなく「コント」だ。

しかも予定調和だったりするのだから、そもそも即興ではない。

それはそれで面白い表現分野なんだろうとは思うが、

即興でやってます、とか言われるとお前なめて・・・(以下略)

 

 

ちょっと荒ぶって脱線しちゃいましたが、

「受け狙い」は好きになれないものの、

「動き」「音以外の表現」は必然であり、

それによってより深みを出すことができると思う。

 

フレージングが無意識で行うものなのだとすると、

本来、「動き」も無意識で行われるものだと言えるだろう。

自分の意思を持たずに全身をつかって音を表現するということになるのか。

 

こうなると、即興音楽は総合的な芸術表現とも言える。

即興音楽と即興演劇

音楽と演劇は即興という場面でリンクしてるのかもしれない。

 

英語でパフォーマンスというが、

その意味には演奏、演技、芸術表現が含まれる。

即興音楽はパフォーマンスであり、

そこにはすべての表現が含まれると言えるのかもしれない。

 

 

続く

 

 

2021年2月7日日曜日

見直し

 

緊急事態宣言が延長になりました。

まだまだ以前の日常に戻るには時間がかかりそうです。

 

先日、久々にネペンシス須藤君に連絡を取ったところ、

ライブが満足にできない日々に気が狂いそうとのこと。

ライブ好きの彼ならば、さもありなんという感じです。

まぁ、当分は我慢するしかない。

 

一人稽古の日々も気づけば1年。

少しは自分なりのベースソロ音楽が練れてきたような気もしつつも、

都度、疑問やら何やらが付きまとう日々です。

 

サウンドクラウドに最近録音した曲、

SNOW HORSE

KUMAGUSU

KANALIA (U.COVER)

以上の3曲を挙げさせていただいてます。

これらが今の自分の音楽の最新の状態ではあるのですが、

自分で聴いて、ふと思う。

「これをベースで弾いている意味あるのかな。」

 

もちろんベースを生かした演奏がメインではありますが、

幅、色彩を広げていくためにエフェクターで加工をした音も多々つかっている。

ベースとは思えない音であることも面白さだろうと思ってもいるのだが、

それならいっそギターでも、鍵盤でもいいんじゃないか、

むしろそれら広音域の楽器を使ったほうが、

こういう音楽には向いているのではないか。

ベースで弾いている意味とは。

そんな身も蓋もない思いにとりつかれた次第。

 

悩んだ末、改めて見直しをすることにしました。

ベースでなければできない音楽、描けない世界

そんなものを目指して。

 

根っこは自分が初めてベースを弾いた10代のときの感動。

ふくよかで迫力のある音と指に伝わる振動、重み。

そんなものを改めて意識しつつ、どんなことができるかを考えています。

 

まずはエフェクターをへらし、出来るだけシンプルに。

減らすにあたって考えたのは

灰野敬二さんの「ジミヘンが好きだから同じもの(ワウ、ストラト)は使わない」というお考え。


好きな音楽家と同じものを使えば、

やっぱりその人の音楽、特徴的なプレイに寄っていってしまう。

それを排除しようというお考えなのだと理解しています。

 

その結果がこちらのペダルボード。



エフェクター多用派の自分としてはすごく不安になる少なさですが、

これで新たな模索に入っていこうかと思います。

 

ちなみにこちらはNILOMETER初期のペダルボード。




ele-phant時代はこのサイズのボートがもう一つと、

足鍵盤、足テルミンも置いてました。

そこから考えるとかなりのシェイプアップ。

 

 

まだまだ活動自粛期間が続きそうです。

その間を生かしてもう一度見直し。

苦しいけど楽しい。

 

ちょっと思い入れの強い記事になっちゃいました。

冒頭の須藤君なら「斉藤さん、きもいっすね」って言うだろうな。




 

2021年1月11日月曜日

正月雑記

 

正月を開け、また緊急事態宣言が発令となった。

 

事態を配慮し、決定していた2月6日の下記イベントは延期となりました。




残念ですが、仕方ない。

企画者のユリアキ君もさぞかし無念かと思う。

お互い腐らずに続けていくしかないね。

 

コロナが風邪の一種であれ何であれ、

罹患した際に治療、療養が必要であり、

二次感染の可能性も高い以上、

病床の確保は絶対に必要であろう。

 

病床が不足してる中、今以上に感染を広げるべきではなく、

自分なりにその努力、意識はしていかなくてはならない。

 

過度の自粛だとして問題意識を持つ人もいるとは思いますが、

まずは、上記の問題に落ち着きを取り戻してから議論すべきであり、

強いて問題視するなら、

上記懸念を放置してきた政治に対して向けるべきではないかと思う。

 

 

さて、そういう状態でしたので、

今年の正月は実家に行くでもなく、

自宅で過ごしました。

 

若いころは正月と言えば、夜更かししてテレビを見て、酒を飲み、

自身と妻の実家に挨拶に行き、初詣。

そんな過ごし方でしたが、

今はテレビも持ってないし、酒もあまり飲まない。

その上実家にもいかないとなると、ほぼ通常の休日と同じ状態でした。

 

「居心地の悪い椅子」というエッセイ集で

福田恒存が正月の楽しみは「してもらうことにある」と表現していました。

曰く、正月はごちそうなど準備してもらって

受け手として楽しむものであるとのことだ。

 

毎年の実家へのあいさつを若干なりとも面倒に思うこともあったが、

それがなくなって、いっきに正月感が失われてしまった気がする。

実家で「子供」に戻るというのは

大人になってからは少なくなった「してもらう」機会であり、

正月感に寄与していたのかもしれない。

 


慣習、さらには宗教的にいっても、

正月は心を切り替える、入れ替える場面なのかと思うが、

あまりその実感を持てないまま、気が付くと11日になってしまった。

 

だが、案外これでいいのかもしれない。

正月と言っても普通の日々と同じ一日。

逆に言えば、普段の一日も大事な一日であり、

記念すべき一日であり得る。

いつだって「今日から頑張るぞ!」でいいのではないかと思う。

 

そんなわけで今日も充実した一日にすべく過ごします。

曲でも作ろうかな。

 

 

2021年1月2日土曜日

あけましておめでとうございます。

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

昨年初、抱負というか、

標語みたいなものを考えました。

それは「ゆずる、笑う、動く」というものでして、

何とも年寄り臭くもありますが、

昨年中、この言葉を都度思い出しながら過ごしてまいりました。

 

今年もそんな標語のようなものを考えてみました。

それは「しょいこまない」という言葉です。

 

私は自分で作ったルールに囚われてしまう癖がある。

例えば読みにくい本を読んでいるとき、

「つまらない」といってやめることができない。

手に取ったのだから読破しなければいけないという変なルール意識によって、

やめりゃいいのに最後まで読み続ける。

どんなに面白くなかったり、意味がわからなくても。

 

結果、「読む」というのではなく「文字を追う」という行為に変わっていく。

それはそれで無意味とは思わないが、

有意義な時間とも言い難い。


この例に限らず、

勝手に自分をしばって、変なものを勝手にしょいこむ癖を無くしたい。

軽く、緩い気持ちで過ごしていきたいための、

「しょいこまない」という言葉だ。

 

 

我が家の周りに、数匹の野良猫が住んでいる。 

彼らは当たり前のように我が家の庭をうろうろしたり、

日当たりがいいところを見つけて昼寝したりする。

実にのどかで自由だ。

 

もちろんその生活はのどかなものばかりではないだろう。

食、住の不安定な野良生活であり、言うならば死と隣り合わせだ。

だが彼らは気にしない。

のんびりと思うままに生きている。

そこにはしょいこんだ自分ルールは無く、

そもそもルール=自分という状態だ。

 

野良猫のように生きれるものでもないが、

何か感化されてきた。

そして「しょいこまない」と思い至った次第。

 

 

波乱の2020年を終え、

今年はどんな年になるのでしょう。

まぁ、どんなことになるとしても、

無常を受け入れながら、

変に意固地にならず、身軽に楽しんで生きていきたいものです。

 

 

 

2020年12月28日月曜日

あとわずか

 

今年も残すところあとわずか。

 

いまさら言うまでもありませんが

今年は本当に大きく世界が変わった。

自分だけの話ではなく、世界中が直面した変化。

こんなことは生まれて初めてだ。

 

そんな中、個人的には過去に無いくらい、

楽器の練習に時間を使った一年でした。

 

以前の記事にも書かせていただきました通り、

沈潜の年と決め、じっくりと演奏を磨いてきた次第。

 

昨日も今年最後の練習として、

近所の施設の音楽室を借りてじっくり練習。

この施設、民間の研修施設といった感じで、

防音室を音楽室として貸してくれる。

130017304時間半借りて、まさかの440円。

最近は毎週末ここで練習している。

 

今年最後ということで、動画など録ってみました。

少しは上達しているのかな・・・

 


 

来年はどんな世の中になっていくのだろうか。


ステイホームの傾向は続いていくことだろう。

厳密には終わりというものは無く、

ウィルスと共存しながら生きていくしかない。

 

コロナへの対応にはいろんな考え方がある。

感染率が高く、感染すれば死に至る可能性も低くないという人もいれば、

風邪の一種であり、普段通りの生活で問題無いという人もいる。


正直、どうすればいいのかわからない。

というか、正解などないのだと思う。

 

ただ、間違いだと思えるのは、

自分の姿勢を他人に押し付けることだ。

それぞれの考えを尊重し、その中の自分の在り方を決めていく。

きっと今までよりもしっかりと自分に向き合った生き方が

求められているのかと思う。

 

そしてもう一つ間違いだと思うのは、

暗くなりすぎることだ。

コロナだけでなく、それに伴う経済、政治、環境の不安定、

もしくは上述のような意見の相違で疲れることもある。

どうしても暗くなりがちだ。

 

だが、そんな世の中を楽しみながら生きていきたいものだ。

免疫という面からも笑顔で生きている方がいいはずだ。

 

そんなわけで来年も笑いながら

相変わらず自分の音楽を模索しながら生きていきます。

 

皆様も笑顔でよいお年をお迎えください。