2020年1月19日日曜日

個人練行脚


ベースのソロ演奏でやってるNILOMETERでは
練習も当然一人。
そのため、スタジオには「個人練習」で入る。

ご存じない方の為、念のため説明しますと、
音楽スタジオはバンド練習と個人練習に分けて料金設定されており、
たいていは2名以上、以下で別れる。
例えば楽器のコーチレッスンなんかも個人練習の枠で入れるのだ。

ただ、スタジオ側からすると、
同じ時間貸しなら当然価格の取れるバンド練習の方がありがたく、
個人練習は前日にならないと予約できない場合が多い。
中には前日の22時以降でなければ予約できない店もある。
その時点でどこかの部屋が空いていれば借りられるという寸法。
私は22時はたいてい寝てるのでそいう店には縁がない。

以前、中野区に住んでいた時は
阿佐ヶ谷のZOTでよく練習してた。
このお店、以前の家から近いうえ、安価、前日じゃなくても個人練習予約可能。
店長の久恒君、店員のスグル君もミュージシャンなので、
情報交換なんかも楽しい。

だが、昨年末に山の方に引っ越してからは
さすがに阿佐ヶ谷には行けず、近隣で開拓を進めている。

地元駅にはいわゆる音楽スタジオがなく、
隣町まで行かなくてはならない。
もう少し簡単にいけないものかと、
まず試したのはカラオケボックス。
一人カラオケのテイで楽器持参でカラオケ屋に。

少し調べると、楽器の練習でカラオケ屋の使用は結構ポピュラーな様子。
主に管楽器や声楽なんかでの使用が多いようだ。
アンプ持参でベース個人練というのは少なそうだが。

だが、カラオケ屋の場合、
机や椅子が固定されている場合が多く、
エフェクターを広げるには少し狭い。
また、料金的にもドリンクオーダーが入る分、高額になってしまう。
具体的には上記のZOTで個人練習の場合2時間で1000円。
カラオケ屋は時間300円だが、ドリンクで500600円で合計1200円くらいになる。
大した差額じゃないが、上記の狭さの問題もあるほか、
少し恥ずかしい。

次に探し出したのが
個人宅を改造した感じのスタジオ。
話によると、オーナーさんはYOUTUBEの配信をなさっているそうで、
それが高じて防音室を作り、アンプ類をそろえたのだとか。

引っ越し以降はこのスタジオを主に利用している。
なんと個人練習は時間300円、その上前日じゃなくても予約可。
素晴らしい。

ただ、1部屋しかないので予約が埋まりやすいのが難点。
そんなわけでほかにもどこかないものか探してました。

そして見つけたのが市民センターの音楽室。
なんと3時間で600円。
近所なので歩いて5分。
しかも予約は3か月前からとれる。
常設基材はほとんどないが、部屋はとにかく広い。
学校の教室サイズ。

先日は行ったとき、窓の外は雪。
面白い雰囲気でしたので動画など録ってみました。



動画からは伝わらないかもしれませんが、
広いのにデッドな環境で音に集中しやすい。
最高なんですが、ここも1部屋なので予約合戦が苦しいのが難点。
上記の個人スタジオとの併用が理想的かな。

さらにもう一個とっておきの個人練習場所があります。
裏庭です。



田舎なので大音量じゃなければ外で音出し練習ができるのです。
先日、近隣のおばあさんから
「楽器やってるのね」と声を掛けられ、
うるさかったかな、と心配したが、
「大きな音出して私にもきかせてくださいね」とのこと。
田舎最高。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、いよいよ連続企画が近づいてきました。

まずは1/26
下北沢シェルターでABNORMALS



そして2/8に
阿佐ヶ谷天でNILOMETER


よろしくお願いします!



0 件のコメント:

コメントを投稿