2019年8月3日土曜日

たまにはライブ日記

一昨日、一昨昨日と連日でライブ。
その二日間の日記。

初日はNILOMETER
会場は阿佐ヶ谷天。

阿佐ヶ谷天に出演するのは3回目。
だいぶ会場にも慣れてきた。
共演はsolresollaと空間猫。
両者とも即興演奏のバンドだ。

即興演奏のライブを見るのは好きですが、
音響システムだのみの大音量でドカーン+シャウトとか、
顔芸、仕草、お笑いでごまかすようなのを見てるとうんざりする。
友達呼んで家でやれと思う。

阿佐ヶ谷天はいわゆるライブハウスのように、
強烈な音響システムは持っていない。
だからこそ、演者の演奏力、表現力が問われる。

今回の2組も高い演奏力がうかがえるライブ。
solresollaはボイスパフォーマンス+ドラムのデュオ、
空間猫はギター+ベース+ドラムのトリオ。
独特の空気と緊張感が漂う。
刺激になる。

ただ、NILOMETERは即興じゃないんですけどね。



翌日は朝一で妻とともに中野の歴史民俗博物館へ
井上円了展を見に行く。

井上円了は中野哲学堂、東洋大学の創始者であり、
妖怪について科学、哲学的に研究した妖怪博士としても有名。
哲学堂ではソクラテス、カント、孔子、釈迦をまつっているそうであり、
自身の哲学嗜好にも近いこともあって、好きな哲学者です。
(細かく言いますと、中国思想では孔子よりも荘子が好きですが。)

展示会もさることながら博物館の雰囲気に惹かれる。
いい環境です。
常設展も含め、じっくりと見させていただく。
家からも近く、いい気持のリフレッシュになりました。


その後、ライブのため渋谷へ。
ABNORMALSで渋谷VISION

渋谷は相変わらず苦手。
若干迷子になりつつ会場入り。

リハ時間を待っている間、
機材手配のトラブルで若干時間が空く。
せっかく渋谷へ来たので、ベルボトム専門店DEE DEEへ行く。
また若干迷子になりながら。
普段履きできるベルボトムを新調。へへへ。

その後、リハを経て開場。

DJタイムを間に挟みながらのライブで
九狼吽、ELLE TERESAとの共演。

渋谷VISIONはライブハウスというより、
クラブという会場でして、
普段はDJイベントがメインの様子。
広く、おしゃれな空間。
音響も強烈で、ローで空気が揺れる。

そんな慣れないクラブ環境に翻弄され、
各DJ、ELLE TERESAのパフォーマンスは
あまり見れていません。ごめんなさい。

そして九狼吽。
イベントの性格として、アパレル系のお客さんや、
DJ目当ての方が多いのかと思います。
そんな中、ゴリゴリのハードコア。
アウェイをものともしない堂々たるステージを拝見。
というか、途中からお客さんとして
拳上げたり、シンガロングしてました。

九狼吽の好きなところはたくさんあるが、
演奏がしっかりしているところもその一つ。
ハードコアだからと言ってラフな演奏に逃げたりしない。
「荒々しさ」と「雑」は違う。
彼らの演奏は荒々しくも確実だ。


そして自身のライブ。
アウェイかと思いきや、盛り上がっていただき、
うれしい限り。
アンコールもやらせていただく。

終演後は終電の都合もあり、
軽く一杯飲んで、そそくさと帰宅。

そんな充実の二日間。
















0 件のコメント:

コメントを投稿